1. HOME
  2. 学園案内
  3. 教育の特徴

ABOUT

学園案内

教育の特徴

WALDORF EDUCATION

Print Friendly, PDF & Email

シュタイナー教育とは

「すべての教育は自己教育である」とルドルフ・シュタイナー(Rudolf Steiner 1861~1925)は、20世紀の初頭に述べています。どの年齢の子も、より良く生きたいという望みを、人間の本質として、深いところで持っています。

教育とは決して単なる知識の伝達や能力の開発を指すのではありません。シュタイナー教育では、人間の本質を理解し、成長していく子どもの一人ひとりと真摯に向き合い、子どもの成長の必要な時期に子どもが必要とするものを与え、個人として成長していくことを重視しています。

自由への教育

教師との繋がりを軸に、自ら考え行動できる、自由への教育を目標とします。就学前の知的教育を避け、創造の力を育む意図から教科書を使わず自作教材のノートを作る、学力の数値評価をしない、などの特徴があります。

年齢に合わせた教育

シュタイナー教育はそれぞれの年齢に合わせた教育を課題としています。

ふさわしい時期にふさわしい働きかけを行うことにより、「他者に依存せず、自立した判断ができ、世界に対し共感を持ちつつ、自分の人生や社会を創造的に切り開いていく人間」(自由な人間)へと成長していくと考えています。

0~7歳:意志へ働きかける教育
  • 体の基礎を作る時期。
  • 子どもは身の回りの環境を受け入れ、のびのびと体験し、模倣を通して学ぶ。
7~14歳:感情へ働きかける教育
  • 豊かな感情を育てる時期。
  • 愛に満ちた権威(教師)のもとで、芸術に浸されたイメージ(想像する力)を通して学ぶ。
14~21歳:思考へ働きかける教育
  • 抽象的、論理的思考を養う時期。
  • 多様な世界観や価値観を求め、自らの道を拓いていく。若者にとっては教師は人生の先輩として立つ。

一貫教育

沖縄シュタイナー学園では、原則 9 年間同じ担任が指導にあたります。長い時間をかけて、一人ひとりの子どもと向き合い成長を見守ることは子どもの教育を実践する上で大変重要です。

点数による評価をしない

こども達を一つの基準で評価することは、こども達の自己肯定感を低下させること(=自己否定)につながります。個性は多様であり、一つの評価基準では測りきれないからです。

一方で、表現や創作には正解がありません。芸術活動を通して、自分らしさ(=個性・自己肯定感)を育てることができます。それは結果として、自ら感じ、考え、行動することにつながります――沖縄シュタイナー学園は、テストの点数よりも、こども達が自分らしさを肯定し、自分の軸を育み、他者との関わりのなかで自分の意思と決断で行動できるようになる「自由への教育」を重視します。

クラファン成功しました!

【おすすめリターン品販売中♪】
学園教師とユンタク会(座談会)(80分)
「シュタイナー学園が立ち上がるまで」

詳細はこちら

シュタイナー教育入門講座(110分)
「教育のパラレルワールドを知る~教育観を磨くために~」

詳細はこちら